脱肛 薬 治る

脱肛は薬で治る??

スポンサーリンク

 脱肛とは肛門から内痔核が出て戻らなくなることをいいます。
 @内痔核が排便時だけ肛門から出て、排便が終わると肛門に自然に戻る状態A内痔核が排便後も、肛門から脱出し続けるが、指で内痔核を押し込めば、肛門の中にもどる状態B内痔核が肛門の外から脱出して、肛門の中にもどらなくなった状態
 脱肛と一言でいっても、以上のような状態でステージが分かれています。
 脱肛の初期のステージであっても、肛門科などの病院に行って、専門医のお医者さんに診察してもらうことが重要です。
 私は上記のステージでいうと@の状態と
診察されて、手術をすすめられました。
 しかし、別の病院でセカンドオピニオンを受けてみると、薬で治ると保存療法をすすめられました。

 

 脱肛は薬で治る??っていう問いについてですが、薬と行っても、市販薬や病院で処方される薬があります。
 市販薬では有名なボラギノールなどですね。
 病院では強力ポステリザン軟膏や、ボラザG軟膏を処方されたことがあります。

スポンサーリンク

 後は、胃薬や整腸剤を処方される病院もあります。
 とりあえず、私は強力ポステリザンをしばらく使用していたら、内痔核の腫れが少し治まったのか脱肛しなくなりました。
 ただ、10年経過してもなかなか冬になると肛門の調子が悪くなることがあります。
 手術をすれば、根本的な治療となるのですが、なかなか怖くて踏み切れない。
 この辺は、お医者さんとの相性や手術をするのか保存療法をするのかという選択肢があります。

 

 とりあえず、「脱肛は薬で治るのか?」という質問については、初期の脱肛であれば、保存療法の一環として、一定の効果が見られるというのが、私自身の体験談からの感想です。
 詳しくは、お医者さんに相談してみてくださいね☆

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加