イボ痔 治し方 妊娠中

妊娠中になりやすいイボ痔の治し方

スポンサーリンク

 イボ痔とは肛門部分の血液の流れが悪くなり、血管が腫れて肛門にイボ状の腫れができることなのです。
 痔の中ではもっとも多い症状といえるでしょう。
 イボ痔には二つのタイプがあるのです。
 直腸と肛門の皮膚部分との境目の歯状線より上にできる内痔核と、歯状線より下の肛門上皮にできる外痔核があるのです。
 内痔核の初期では、痛みが感じにくく排便時にイボが便に触れたことで出血して初めて気づくのです。
さらに症状が進むと、痔核が大きくなり排便時にイボが肛門から飛び出すようになります。
排便後自然に内側に戻りますが、悪化すると指で押し込まないと戻らなくなるのです。
イボが飛び出した状態ですと、粘液や便が肛門の周囲に付着して皮膚が炎症を起こすこともあるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

外痔核は、肛門の外側にできるので指で確認することができます。
症状が悪化すると、イボの中に血の塊を作り大きく腫れて痛みを感じるようになるでしょう。
立ちっぱなしや座りっぱなしを続けていると、血流が悪くなり発症しやすくなるのです。
排便時に強くいきむことで、肛門に負担をかけてしまうので気をつけましょう。
妊娠中は、胎児の成長と共に子宮も大きくなるのです。
そうすると肛門や直腸が圧迫され、血流が悪くなりうっ血して痔になりやすくなるのです。
妊娠中は、痔にならないように食物繊維や水分を多く摂るように心がけましょう。
トイレを我慢したり、ストレスのためすぎも危険なのです。
いぼ痔の治し方には、お風呂にゆっくり浸かり温めてあげることが大切です。
カイロなどを下着の上から貼っておくのも効果のある治し方の一つです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加