出産 いぼ痔 自然治癒

出産後のいぼ痔を自然治癒させるには

スポンサーリンク

 産後のいぼ痔は、2人に1人が悩まされるといいます。
出産の際には、いきむと思いますが、痔はこの代償となります。
そもそもいぼ痔とは何かという話ですが、肛門に負荷がかかった時に静脈に負担がかかり、静脈瘤になった場合のことを指します。
出産のいきみは、負荷がたくさんかかりますので、仕方のないことです。
もし、この症状に悩まされても、恥ずかしいと思う必要はありません。
産婦人科の先生も、対応してくれますので、かゆみや痛みで眠れないという場合には、出産した産婦人科の先生に相談してみても良いでしょう。
校門の内側の痔なのか、外側の痔なのかで、処方される薬が異なってきます。
薬を使用すれば、改善も早くなりますので、この点メリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

では、産後のいぼ痔は自然治癒するのかという点ですが、この点、自然治癒だけで完治させることは難しいと言わざるをえません。
一度静脈瘤になると、再発する可能性は常に帯びているからです。
痔は「いきみ」が原因で起こることが多いですが、それ以外にも食生活の乱れやストレスが原因となることも多くあります。
もちろん、個々の自然治癒力の高さも関係してきます。
また、便秘がちの方ですと、いきんでしまいますから、再発の可能性も高まります。
自然治癒で完治させるには、食生活の改善や運動、ストレスコントロールなどに注意をし、これを長く継続することが必要となります。
具体的には、水分を十分にとること、消化に悪い肉中心の食生活を改善すること、食物繊維を多く取ること、適度に運動を行い同時にストレスもコントロールすること、十分な睡眠時間など、日々の生活を規則正しくすることが、結果的には自然治癒を導きます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加