いぼ痔 自然治癒 体操

いぼ痔の自然治癒と肛門体操

スポンサーリンク

いぼ痔には自然治癒の可能性が高いものと、手術しなければ取り除けないものの2種類に分かれています。
 肛門の外にできる「外痔核」は、神経の通っている箇所にできるため、激しく痛みを感じます。
しかし体の外に出ているため、外から患部の状態を確認し易いという利点もあります。
 この治療法は患部に直接薬を塗り、なるべく清潔にしておいて、安静にすることです。
最初はパチンコ玉ほどの大きさですが、段々と小さくなり、やがては肛門に吸収されていきます。
 これに対し、肛門内にできる「内痔核」は、神経が通っていないため、痛みを感じることはほとんどありません。
しかし、そのために自分が痔を患っているという発見がし辛く、肛門からの出血を見て始めて気付くパターンが多いようです。

スポンサーリンク

 

 この内痔核は、初期段階であれば市販の薬を塗ったり注入したりすることで、症状の改善が期待できますが、排便の度にある程度の大きさのものが脱出してきてしまう状況になってしまうと、もう手術をするしかなく、自然治癒は期待できません。
 外痔核は痛みが強く、日常生活を送るのも難儀するほどですが、痛みという明確なサインがあるため、すぐに対応し、治療に取り掛かれるのは怪我の功名であるといえます。
逆に内痔核は痛みこそないものの、その為になかなか初期段階で気付くことが難しいのです。
 こうしたいぼ痔を予防するためには、肛門体操をするのが効果的です。
1日に何回か、意識して肛門を締め付けたり、ほぐしたりするようにしましょう。
この体操により肛門括約筋が鍛えられますので、予防に繋がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加