いぼ痔 自然治癒 血豆

血豆状のいぼ痔、自然治癒でも回復する血栓性外痔核

スポンサーリンク

排便時の痛みや出血、日本人の3人に1人は痔の症状を持っていると言われています。
男女比は1対1ですが、出産を機に痔の症状を患う人も多いようです。
痔の原因は、便秘・下痢、肉体疲労やストレスなどが挙げられます。
特に女性に多い冷えや、生理時の便秘なども原因となります。
免疫力が低下することで細菌に対する抵抗力が弱くなることや、血行不良により引き起こされるのです。
痔の症状はいぼ痔や切れ痔、あな痔の3種類に分類されますが、最も多い症状はいぼ痔です。
血行が悪くなることによりこぶ状に腫れた状態になります。
その中でも肛門の内側にできるものを内痔核、外側にできるものを外痔核と分類します。
内痔核は痛みを伴わず出血で気付くことが多いですが、外痔核は痛みを伴うものが多いようです。

スポンサーリンク

 

痔の症状はデリケートな問題ですから、病院に行きにくいという人が多いかと思います。
軽度であれば病院に行かずに済ませたいものです。
原因をしっかり理解して、生活習慣を改善すれば充分に自然治癒も可能です。
例えば痛みを伴う外痔核、肛門の外側に血栓ができた状態を血栓性外痔核と言います。
これは日常生活でよくお目にかかる、血豆と同じことです。
血豆は内出血により血液が溜まり、豆粒大に腫れる症状です。
最初は触ったりすると痛みを感じますが、安静にしておけば血液が自然と組織に吸収されていくため自然治癒で十分に回復します。
血栓性外痔核も基本的にはこれと同様です。
血行不良が原因となっており冷えが大敵ですので、患部を温めて血栓を溶かすようにすることで自然治癒します。
また、痔の症状全般的に言えることですが、便通を整えてストレスや疲労をケアすることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加