いぼ痔 自然治癒 妊婦

自然治癒させる妊婦のいぼ痔対策

スポンサーリンク

妊婦さんで、いぼ痔に悩んでる方は少なくないようです。
いぼ痔になると、座った時の違和感や痛みなどで辛い思いをする方も多いようです。
どうして妊婦さんが痔になりやすいのか、と思われるかもしれません。
妊娠中は、子宮が徐々に大きくなるにつれて、肛門周辺が圧迫されたり、血流が滞るなどして、うっ血状態になると痔の症状が出てきます。
痔には、内痔核と外痔核があります。
肛門周辺がイボのように膨らみ、しこりができるものです。
また、妊婦さんはホルモンの関係で腸の動きが鈍くなって便秘になりやすいようです。
今まで、便秘とは縁がなかった方も、妊娠中は便秘になってしまう方も少なくないようです。
その為、無理に押し出そうと肛門に力をかける事が原因で痔となる場合が多いようです。

スポンサーリンク

 

ただ、いぼ痔をそのままにしておくと慢性化してしまう場合もあり、生活に支障をきたす位になりますと、外科的な手術によって取り除く事にもなるかもしれません。
そこで、気をつけたいのが便秘対策です。
便秘対策をする事が妊婦さんのいぼ痔の自然治癒を可能にするようです。
具体的には、水分や食物繊維の摂取や普段から睡眠をしっかり確保して、疲れをためない事や長時間同じ姿勢をしないようにする事、また下半身をよく温める事も自然治癒を促すには有効のようです。
そして、便秘にならないような食生活や生活習慣など、それらの対策をしても症状が改善されない場合は、ぬり薬や座薬や内服薬などを処方してもらう事を考えた方が良いかもしれません。
恥ずかしいと思わないで早めの対処をおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加