産後 痔 治し方 症状

産後の痔の症状と治し方

スポンサーリンク

 妊娠、出産の際に痔になってしまう人は実は多く、3人に1人は経験するとも言われています。
肛門周辺が切れてしまう切れ痔や、肛門近くの直腸の一部がいぼのように腫れ上がってしまういぼ痔になる人が特に多いです。
その原因は、妊娠中は便秘になりやすいこと、お腹が大きくなるにつれ静脈が圧迫されうっ血しやすくなることなどがあります。
妊娠中、症状がないように見えてもいぼができていることもあり、出産時のいきみによりいぼが出てきてしまうこともあります。
そのため、産後に初めて気づくことも多いようです。
また、妊娠中はなんともなくても、産後は授乳により水分が不足しがちであり、腹筋がゆるんでいるため便秘になりやすいため、痔になりやすい状態です。

スポンサーリンク

 

主な症状としては、排便時の痛みや出血、腸内の違和感があります。
排便時に痛みがあることにより便秘になりやすくなり、症状が悪化することがあるので、早めに対策をとる必要があります。
治し方としては、塗り薬、手術、生活の改善が主なものです。
基本となる治し方は、生活の改善です。
便秘を防ぐのが予防でもあり治療でもあるので、食生活と運動に気をつけるようにします。
痛みが強ければ、塗り薬の使用も考えましょう。
塗り薬についてですが、市販のものを使う場合は、成分が母乳に移行しないか念のため医師に確認をとるようにしてください。
塗り薬であればほとんどの場合問題ありませんが、使用期間が長くなると何らかの影響がある可能性もあります。
手術は、会陰切開の傷がよくなり、出産して1ヶ月ほどたっても症状がひどい場合行うことがあります。
その場合、麻酔を利用するため3日間ほど授乳ができないことがあるのでその点には注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加