産後 痔 治し方 薬

産後になりやすい女性の痔の治し方と薬の種類

スポンサーリンク

 実は、痔になっている人は結構多いのです。
自覚症状がなく、気づかずにいる人も多くいます。
男性が発症するイメージが強いですが、女性にも起こります。
女性の場合、出産後に発症してしまうパターンが非常に多く、忙しさや恥ずかしさから治療を怠る人も多くいます。
出産後に痔を発症しやすい理由としては、ホルモンバランスの乱れやストレスから便秘になりやすくなること、腹部から下肢にかけて静脈がうっ血しやすい状態になっていることなるがあげられます。
また、出産時に強くいきむことで発症するケースもあります。
出産後に発症しやすいのは、硬くなった便を排泄する際に肛門が切れてしまう切れ痔、肛門周辺の血液循環の悪化によってイボができてしまうイボ痔などです。

スポンサーリンク

 

一番良い治し方は、専門の病院を受診することですが、恥ずかしさから病院に行くことができないという人が非常に多いです。
そして、とてもポピュラーな病気なので、市販薬が数多くあります。
近所のドラッグストアで簡単に購入することができます。
なので、市販薬を使った治し方でも、ほとんどの場合問題はありません。
薬には、痛みや痒みを抑える成分や傷の治りを促進する成分などが含まれています。
服用するタイプと塗布するタイプもあります。
症状の進行状況や自分の好みによって選ぶことができます。
即効性のあるものもありますし、漢方主体のものもあります。
漢方には即効性はあまりありませんが、副作用がなく安心して使うことができます。
症状が強い場合は、塗り薬や座薬タイプのものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加