いぼ痔 無理に押し込む 治し方

いぼ痔(痔疾患)の無理に押し込むだけではない治し方

スポンサーリンク

痔は肛門病の総称です。
いぼ痔に代表される痔疾患は大きく3つに分類されます。
痔核(じかく)、裂肛(れっこう)、痔瘻(じろう)です。
1つ目の痔核は肛門周囲の静脈叢がうっ血し、こぶをつくったものです。
肛門には細い静脈のかたまり(内痔静脈叢・ないじじょうみゃくそう)があり、正常では肛門のクッションの働きをしています。
これが便秘、排便時の過度のいきみ、長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしなどによりうっ血を起こし、ふくらんで盛り上がったものが内痔核です。
痔核の症状は程度によりさらに分けられます。
1度は時に出血は見られるが脱出はない状態。
いわゆる、いぼ痔ではない程度といえます。
2度は排便時に脱出するが無理に押し込む方法でなくとも自然に元に戻る状態です。
3度は排便時に脱出し無理に押し込む方法を取らないと元に戻らない状態です。
4度は常時脱出という状態です。
3ないし4度の治し方では手術が必要となります。

スポンサーリンク

 

2つ目は裂肛といい、肛門皮膚が慢性の裂傷にさらされていることをいいます。
強度の便秘症に伴って発症することが多いです。
排便時に激しい痛みがあるため、排便を避けようとする傾向がありさらに、便秘症が悪化し、それに伴いまた裂傷も悪化するようになります。
治し方としては便を柔らかくして便通を調整し、排便時のいきみを避け、肛門の清潔を保ち、薬剤を使用する等の保存療法になります。
3つ目の痔瘻は、肛門腺が化膿して肛門周囲の皮膚に開口したものです。
さまざまな場所でうみがたまり、最終的にはうみがでてくる状態です。
治し方は、切開して膿を排除することで炎症を抑えることから始まります。
抗生剤も使用します。
痔瘻に関しては自然治癒は望めないので原則として手術療法が行われます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加