いぼ痔 押し込む方法 押し込み方

いぼ痔には正しい押し込み方で痔核を中に押し込む方法があります

スポンサーリンク

 いぼ痔は肛門部分に必要以上の力を加えてしまうことにより、うっ血していぼのような痔核が肛門から出てしまう症状です。
初期の場合は痛みを感じないこともありますが、症状が悪化すると激しい痛みを感じるようになります。
排便時に出血してしまうこともあり、病院に行って治療を受けることが必要になります。
便秘症の人は排便時に必要以上の力を加える機会が多いため、いぼ痔になりやすいといわれています。
また出産時も多くの力を加えるので、出産後にいぼ痔になって悩む女性も多いです。
1日中同じ姿勢をして作業している人も、肛門部分の血流が滞ってしまいうっ血しやすくなるので注意が必要です。
うっ血させないためにも体を動かしたり、消化の良い食事を心がけるなどして肛門部分の血流を良くすることが大事です。

スポンサーリンク

 

いぼ痔になってしまったら病院で治療を受けるのはもちろんですが、肛門から出ている痔核を指で中に押し込む方法を使用して症状を緩和させることが可能です。
いぼ痔を治す方法ではありませんが、痔核が肛門から出たまま行動するとうっ血がひどくなる可能性があります。
さらに痔核に刺激を与えてしまうと出血する恐れもあるので、痔核を指で中に押し込む方法を使用してうっ血が悪化するのを防ぐことが大事です。
必ず肛門部分と指を清潔にしてから、指でゆっくり痔核を中に入れる押し込み方をすることが大切です。
無理な押し込み方をしてしまうと痔核を傷つけてしまう恐れがあり、かえって症状が悪化してしまう可能性があります。
治療を受けている間はこの方法も合わせて使用することで、辛い症状を感じることなく普段の生活を送ることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加