妊婦 疣痔 押し込む

妊婦特有の疣痔症状、押し込むことで対処できるか

スポンサーリンク

妊婦の場合、ホルモンバランスの変化や胎児の成長によって便秘の症状が進行しやすくなります。
もちろん、それぞれの体質によって多少の違いはあるのですが、この便秘が慢性化すると疣痔の症状も出やすくなるので注意が必要です。
疣痔はその名の通り、肛門部分から疣状の腫れが出てくる病気です。
人によっては強い痛みを伴うこともあるので、症状に気が付いた時点で何かしらの対処を打っていくことが大切です。
妊婦の場合、産科等で薬が処方されることもありますが、ごくごく軽度の症状であれば自分で対処していくことも可能です。
市販の軟膏などを使用して直接手で押し込む方法もあるので、まず疣痔の症状に気が付いたら試してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

この疣部分を押し込む方法、実際に行う場合には手を清潔な状態にしてから行うのがオススメです。
さらに爪も短く切っておくことで患部に傷を作るリスクを軽減していくことができます。
市販されている薬を使用するのが不安だという場合には、かかりつけの医師に相談するか、もしくは専門医の診察を受けるのもオススメです。
とはいっても、こうした痔の症状は相談するのが恥ずかしい、受診するのに抵抗を感じるという人も少なくありません。
自分で治すことができるのであれば、出来るだけその方法を試していきたい、そう考える人も多いのです。
妊婦の場合も、元々は痔の症状がなかったわけなのですから、出来るだけ早い段階で対処していくことでこうした問題を早々に解消することができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加