痔 治療 肛門科 大阪北逓信病院 閉鎖

痔の治療で肛門科が有名な大阪北逓信病院が売却先が見つからず閉鎖

スポンサーリンク

 痔の治療で肛門科が有名な大阪北逓信病院が売却先が見つからず、平成28年3月31日に閉鎖するというニュースを見ました。
 ホームページを久々に見たら、なんだか内容が変わっていました。
 結構有用なことも書いていたので、記録を残しておきたいと思います。
 しかし、佐々木先生は今後どこの病院に行くのでしょうか・・・

 

 以下は大阪北逓信病院のホームページからです。

 

 肛門科
 はじめに
 2015年6月30日に外科・肛門科の斎藤医師と上月医師が退職致しました。斎藤医師と上月医師は7月1日からJR大阪駅のそばにある大阪中央病院に勤務しています。 なお、大阪北逓信病院外科・肛門科には7月以降も佐々木医師と野田医師が継続して勤務しています。

 

 当院は、手術件数は極めて多く、2014年は1800件を超えました。当院は手術件数が多いだけではなく、治癒率も極めて高い成績を残しています。肛門疾患に対する治療成績を多数の学会や研究会に発表・報告し、治療の質(診断と治療成績)が優れていることを評価されています。また、全国でも数少ない日本大腸肛門病学会の修練施設(日本大腸肛門病学会の専門医資格を取得できる施設)に認定されているだけではなく、日本外科学会の関連施設にも認定されています。

 

 常勤医師名 2015年7月1日現在
氏名 野田 裕子
役職 外科・肛門科医長
卒年 平成13年卒
認定医・専門医等 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医、日本病態栄養学会専門医、日本抗加齢医学会専門医。

スポンサーリンク
 

 一般外科、大腸外科を既に13年経験して多種類の消化管手術を施行できる女性医師です。肛門科診療も13年の経験があります。日本大腸肛門病学会理事の岡空医師(江坂で岡空肛門科を開業)に高いレベルの肛門科教育の指導を2年間受けています。頭の回転が早く、手先も器用で手術も上手です。女医なので女性の方には特に力強い味方になると思われます。まだ肛門専門医ではありませんが、それに近い実力があります。昨年1年間に400例以上執刀し、手術の助手も含めると、1年間に1200例以上の手術を施行しております。他院と合わせると2500件以上所の手術経験があります。
(医局は大阪大学医学部外科)

 

氏名 佐々木 宏和
役職 肛門科部長
卒年 昭和58年卒
認定医・専門医等 日本大腸肛門病学会肛門領域指導医・専門医、日本消化器外科学会認定医、日本外科会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医

 

 日本大腸肛門病学会の肛門領域における指導医・専門医です。既に約30年の外科・肛門科診療の経験があります。おっとりした性格で、気の弱い患者さんは相談し易いと思います。手術の道具や手術の手順に厳しく、時間をかけてきれいな手術を施行します。どのような疾患にも丁寧に取り組み、いろいろな手術に工夫をしています。肛感染症である尖圭コンジローマに関する研究を重ねて、関西におけるコンジローマの権威です。
(医局は京都大学医学部外科)

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加