いぼ痔 手術 期間

いぼ痔の手術の期間はどのくらい!?

スポンサーリンク

 いぼ痔には日帰り手術もありますが、入院が必要な場合はどのくらい入院することになるのでしょうか。
 入院が必要ないぼ痔の手術の場合、いぼ痔はかなり進行していることでしょう。
 切除を行ういぼの大きさや場所など、様々な要因が関係してきますので個人差が大きいです。
 一般的には10日前後の入院になると考えるといいでしょう。
 基本的に短くても1週間は入院が必要です。
 腰椎に麻酔を注射しますし、痔とは言え肛門内を切除したり縫い合わせたりと、腹部の手術と内容は変わらないですから当然と言えば当然です。
 痔は日帰り手術も増えましたから、入院日数に驚く人も多いでしょう。
 しかし重度のいぼ痔の場合は、1か月程度入院することになることも珍しくありません。

スポンサーリンク

 統計的には手術を行う人の10パーセント程度は25日間以上の入院を行っているようです。
 いぼ痔の手術方法は1つではないので、入院期間の調整の関係からもどの方法を選択するのか話し合いましょう。
 痔が進行すれば進行するほど痛みは強くなりますし、手術が複雑になるために入院日数が伸びてしまいます。
 入院期間中はお尻に刺激を与えないように生活するだけではなく、便のコントロールもかねて食事にも制限がある場合が多いようです。
 また、入院期間中に硬い便が出てしまうなどして、傷口が開いてしまうことがありますが、これにより当初より入院期間が伸びてしまう人もいます。
 傷口が治りにくかったり、当初の予定よりも入院期間が伸びてしまう人も少なくないですから気を付けてスケジュールを組みましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加