いぼ痔 薬局の薬 効く 効果

いぼ痔の原因や症状に薬局の薬は効くのか!?その意外な効果とは!?

スポンサーリンク

いぼ痔の症状の改善に、薬局で売っている市販薬の薬は効果があるのでしょうか。
 医師に処方された薬でなければ効果がないのではないかと不安に感じる方もいるでしょう。
 結論から言えば、薬局に売っているいぼ痔の薬は、いぼ痔の炎症の改善に効果があると言われています。
 いぼ痔はお尻に出来た静脈瘤だと言われています。
 肛門付近がうっ血することでいぼ痔ができます。
 そこに血流障害が起こることで、いぼ痔は腫れて痛みを伴うのです。
 ですから、いぼ痔の治療には血行をよくする成分と、炎症を抑える成分、そして傷の回復を助ける成分が含まれているものが多いと言われています。
 市販薬にもこれらの成分は含まれていますので、いぼ痔の薬として効果があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

 市販薬では効果がないと思っている人の多くは、市販薬に含まれる成分は医師が処方する薬の成分より少ないと思っているようです。
 しかし、いぼ痔の薬に関していえば、そのようなことは言い切れないのではないでしょうか。
 確かに、医師の処方する薬と完全に成分は同じではありません。
 しかし、それは成分の割合が異なるということであって、効果が薄れるという意味ではないのだと思います。
 市販薬であっても説明書に書かれていることに注意し、正しく利用すればある程度の効果が期待できると言われています。
 ただし、薬局の薬を正しく利用しても効果を実感できないという人もいるでしょう。
 どうしても、薬局の薬の効く効かないというのは個人差があるところです。
 その場合は薬局の薬の説明書に書かれているとおり、医師の診断を受けるべきなのです。
 痔の薬にはステロイドも含まれていることが多いですし、使用目安期間を超えても症状が一向に改善しない場合は専門医の診断を受けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加