いぼ痔 薬 塗り方 注意点 

いぼ痔の薬の塗り方と意外な注意点とは!? 

スポンサーリンク

 いぼ痔の薬と聞いて思い浮かべるのは塗り薬ではないでしょうか。
 実際には座薬タイプや飲み薬タイプなど様々な薬がありますが、やはり一般的なのは塗り薬でしょう。
 いぼ痔の塗り薬は内痔核の場合にも外痔核の場合にも利用されることが多いです。
 初期のいぼ痔から進行しているいぼ痔まで幅広く対応してくれるのもうれしいですよね。
 いぼ痔の塗り薬には炎症を抑える成分が含まれていますし、吸収率が高いため即効性があるのが特徴と言われています。
 急激な痛みがある場合も、塗り薬をしっかり塗ることで症状が落ち着くことがあります。
 また、いぼが肛門の外に飛び出してしまっている場合にも潤滑剤のように利用できるので肛門の中に戻しやすくなります。

スポンサーリンク

 誰でも簡単に利用することが出来るのがいいですよね。
 いぼ痔において塗り薬を利用する際は、指先を清潔に保ち、爪を短く切るなどして、いぼ痔を傷つけない配慮が必要です。
 なぜなら、いぼは非常にデリケートで傷つきやすくなっているのです。
 もし、傷がつきばい菌が入ってしまうと強い痛みと腫れの原因にもなりかねません。
 いぼ痔はあなたが思っている以上に傷つきやすくなっていますから注意してください。
 また、炎症を起こしているのであれば、既にいぼ痔に傷がある場合もありますから、手を清潔にしてから薬を塗るように心掛けましょう。
 塗り薬ではありますが、肛門は薬を吸収しやすいですから、使用量はしっかりと守るようにしてください。
 また、使用しても効果が感じられない場合は医師の診断を受けるべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加