いぼ痔が痛い時の薬 いぼ痔が痛くない時の薬 見分け方

いぼ痔が痛い時の薬、いぼ痔が痛くない時の薬の意外な見分け方とは!?

スポンサーリンク

 いぼ痔には様々な薬がありますが、どのように使い分けていけばいいのでしょうか。
 いぼ痔が痛い場合と痛くない場合では利用する薬を分けた方がいいのか悩んでしまいますよね。
 実は、いぼ痔の薬は炎症を抑える成分が含まれていて、そこに傷を修復する成分なども加算されていると言われています。
 いぼ痔の原因はうっ血ですが、いぼ痔の痛みの原因は炎症ですから、いぼ痔が痛い場合は薬で痛みを抑えることが可能なわけです。
 いぼ痔の薬を症状によって使い分ける場合は、この炎症を抑える成分の量をチェックすることがいいでしょう。
 基本的に、すべてのいぼ痔の薬には、炎症を抑える成分が含まれています。
 とはいっても、急性期、つまり激しい痛みの症状が生じた場合に利用するために開発された薬もあり、これは他のものと比較しても炎症を抑える成分が多くなっています。
 そのため、いぼ痔が痛いときに利用するのが適していると言えるでしょう。
 では、痛くないときに利用するのがいい薬もあるのでしょうか。

スポンサーリンク

 いぼ痔はお尻にできた静脈瘤ですから、痛みがない場合もあります。
 静脈瘤ですから一度出来てしまうと完全に消え去ることはありません。
 いぼを消し去るためには手術しかないのです。
 しかし、いぼをい小さくしてあげることは出来ます。
 痛くない場合は血行を良くする系分が多く含まれている薬を選び、いぼを小さくしていくことに力を注ぎましょう。
 血流の障害がなくなっていけば、いぼは小さくなってくれると言われています。
 このようにいぼ痔の薬は使い分けることが出来ると言えます。
 症状に合わせて成分をしっかり比較して、利用することがおすすめです。
 困った場合は専門医の診察を受けて相談してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加