いぼ痔の薬の成分 気を付ける 女性の・妊婦

いぼ痔の薬の成分には気を付けること!【女性・妊婦編】

スポンサーリンク

 妊娠中にいぼ痔で悩まされる妊婦は多いと言われています。
 妊娠中はどうしてもお尻がうっ血しやすい状態が続きますから、いぼ痔ができやすくなってしまうのです。
 いぼ痔はやはり痛みが強いものもあると言われていますので、歩くだけでも痛みを伴ったり、座っていられないという人もいます。
 入浴によって血流を改善しているときだけ、その痛みから逃れられますが、それ以外のときは辛いという方も多いと言われています。
 そうかといって、ずっと入浴しているわけにもいかないですし、薬で治療を行うのが一般的ということになるのでしょう。
 しかし、妊娠中であれば使用する薬には十分気をつけなくてはなりません。
 基本的に市販されている痔の薬にはステロイドが含まれるためです。
 ステロイドは、妊娠期間中は避けるべき成分だと言われています。

スポンサーリンク

 非ステロイド系の痔の薬もありますが、ステロイドが利用されているものが多いことを頭に入れておきましょう。
 服用する薬には注意していても、塗り薬にまで気が回らないかもしれませんね。
 肛門は成分を吸収しやすいと言われていますから、気をつけなくてはなりません。
 市販薬を購入する場合は、薬剤師に妊娠中であることを伝えて、利用できる薬であるかどうかを確認してもらうのがいいでしょう。
 また、妊娠期間中であれば病院で検診があると思いますが、多くの方は検診の際に痔の薬も処方してもらうようです。
 恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、ほとんどの妊婦がいぼ痔の症状に悩まされていますから、安心してください。
 お腹の赤ちゃんに影響することもあるので、自己判断で薬を選んで利用したり、家族の薬をこっそり利用するようなことはないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加