いぼ痔の原因 痛い時の治し方 治療法 女性の妊婦

いぼ痔の原因と痛い時の治し方・意外な治療法とは!?【女性・妊婦編】

スポンサーリンク

 妊娠中にいぼ痔に悩まされる方は少なくありません。
 いぼ痔はうっ血によって引き起こされるお尻の静脈瘤です。
 そのため妊娠によってお腹が大きくなり、お尻の血流が変わってしまったり、便秘により肛門に負荷が掛かったりするといぼ痔になりやすいのです。
 妊娠前は何の問題もなかった人でも、急にお尻のトラブルになってしまいがちなのです。
 妊娠中にいぼ痔に悩まされる方の不安な点は2つです。
 薬はお腹の赤ちゃんに影響はないのか、また出産時にいぼ痔でも大丈夫かどうかです。
 非ステロイド系の薬であれば妊娠中に利用しても問題ないと言われていますから、基本的には薬を用いて治療を行うことになるでしょう。
 もちろん、産婦人科での検診の際にいぼ痔について相談してみてください。

スポンサーリンク

 そうすれば薬を処方していただけるでしょう。
 いぼ痔のための治療薬にはステロイド系のものも多く、これらは妊娠期間中は利用できないと言われていますので注意が必要です。
 このように妊娠期間中のいぼ痔は基本的には薬で治療を行いますが、場合によっては手術を行うこともあります。
 これはいぼ痔が進行し、常に痛みを伴う場合や、いぼ自体が大きくなりすぎてしまっている場合です。
 時期にもよりますが、出産時にはお尻に大変な負荷が掛かるため、いぼ痔を悪化させてしまうことが考えられます。
 いぼ痔の症状がひどい場合は出産前にしっかり処置し、万全な体制で出産に挑むということを心掛けましょう。
 医師と相談し、どのような治療を行うのか決めることが大切です。
 恥ずかしいかもしれませんが、できるだけ早く専門医に相談をして、いぼ痔の治療を始めるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加