いぼ痔の原因 痛いときの治し方 治療法 女性の産後

いぼ痔の原因と痛いときの治し方・意外な治療法とは!?【女性・産後編】

スポンサーリンク

 実に多くの女性が妊娠・出産の中でいぼ痔に悩まされます。
 いぼ痔はお尻に出来た静脈瘤のことで、これは血流が悪くなると起こります。
 妊娠することで便秘になり、肛門に力を入れすぎる生活が続いてしまったりお腹が大きくなることで運動不足にもなりうっ血しやすくなってしまうのです。
 いぼ痔の痛みは産後に改善していくことが出来るのでしょうか。
 入浴によってお尻を温めたり血流を良くしてあげることで、いぼ痔の炎症を改善していくことが出来ます。
 しかし、産後すぐの女性であれば体を動かすのは大変ですし、育児のためにゆっくり時間を取るのは難しいですよね。
 また不安なのがいぼ痔の薬は母乳に影響を与えないのかどうかだと思います。

スポンサーリンク

 いぼ痔の薬の中には妊娠期間中にも利用できるものがあり、これは産後も利用することができると言われています。
 しかし、妊娠期間中に利用できないものもあり、これは産後も利用することができないと言われています。
 これらの違いは主に、ステロイドの有無に関わる問題で、市販薬の中にもステロイドが含まれていないものがあり利用できると言われているのですが、やはり医師に確認するのが一番でしょう。
 産後に、いぼ痔の治療をする方は非常に多いです。
 また、出産では通常では考えられないくらい力を入れるので、いぼ痔のいぼ自体が非常に大きくなってしまい手術を行うのが好ましい方も多いと言われています。
 産後の検診時にいぼ痔のことも相談して、薬を処方して貰ったり、授乳中でも利用できる薬を確認してください。
 さらに、産後すぐは会陰の縫合のほつれをいぼ痔の痛みと勘違いしてしまうトラブルもありますから、痛みがひどい場合は医師に確認してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加