いぼ痔 痛くない治し方 治療法

いぼ痔で痛くない治し方や意外な治療法とは!?

スポンサーリンク

 自宅で出来るいぼ痔の治療は、基本的に痛みを伴わないものです。
 いぼ痔の治療は何よりもまず、炎症を抑えるというものなので、痛みを和らげることが中心になるためです。
 例えば、医師から処方された薬、または市販薬を用いた治療は痛みを伴いません。
 患部に薬を注入、または塗るだけですから痛みを感じないのです。
 稀に傷口に染みる可能性もありますが、それはいぼ痔の治療の痛みとは言えないものでしょう。
 塗り薬を用いるときは幹部が腫れたり炎症を起こしていて痛みを感じていると考えられるので、まず薬も用いることによって痛みが強くなることは考えられないです。
 薬を用いた治療以外であれば、入浴による治療も痛みを伴わないでしょう。
 いぼ痔はうっ血が原因で起こるものですから、入浴を行うことで血流を良くすることでいぼ痔の炎症を抑えるというものです。

スポンサーリンク

 実際に、いぼ痔ではない人にとっては、入浴で痔が良くなるなんて嘘みたいだと思うでしょう。
 しかしながら、実際に入浴することで痔の症状は改善されていくのです。
 外出先や仕事場などで、すぐに入浴することも薬を購入することも出来ないような場合は応急処置として、ホッカイロや温かいペットボトルをお尻にあててあげることで血流を改善してあげるのがいいとも言われています。
 肛門部は熱に弱いですからやけどに注意し、絶対に直接触れさせてはいけません。
 パンツ越しに温かいと感じる程度に留めて利用します。
 熱くすればするだけいいというものではないので、低温やけどなどにも注意してください。
 そのようにすれば、痛みを感じずいぼ痔の症状が改善されることもあるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加