いぼ痔 体操 治し方

いぼ痔で体操を用いた意外な治し方とは!?

スポンサーリンク

 いぼ痔を体操で治すと聞くと不思議に思う方も多いかもしれません。
 しかし、いぼ痔が出来る原因をしっかりと理解することが出来れば、いぼ痔を体操で治すことが出来る理由がわかるでしょう。
 いぼ痔とはお尻に出来た静脈瘤のことなのです。
 静脈瘤とは血流が阻害されるなどして、血管が膨らんでしまうというものです。
 血管が膨らんでしまった部分が腸内または肛門付近の皮膚の中を圧迫することでいぼのような形になり、炎症を起こしたりうっ血することで腫れ痛みを伴うのです。 
 いぼ痔は切れ痔や痔瘻などと比較しても少々性質が違うものであることを覚えておきましょう。
 いぼ痔はうっ血が大きな原因ですから、うっ血を起こさないように体操をすることは大切なことなのです。

スポンサーリンク

 全身の体操を行うのも効果的ですが、いぼ痔に特化して血流を改善したいのであれば肛門の体操をしましょう。
 肛門の体操とは肛門の括約筋を絞めたり緩めたりするだけですので場所を選びませんし時間もそれほど必要ありません。
 肛門の体操ですので、いぼ痔にはとても効果的です。
 肛門の括約筋の体操というと難しそうですが、お尻の穴に力を入れたり緩めたりすればいいだけです。
 できれば立った状態で行うのが好ましいと言われておりく、10秒力を入れたら10秒は力を抜きましょう。
 これを1回として10回程度行えるといいですね。
 電車の中でも仕事をしながらでもできる体操ですので簡単ですが、意外と大変な運動になります。
 最初の方は、体操に慣れることが大切ですから無理をしないことです。

 

 次の記事です→いぼ痔でおすすめの治し方とは!? 

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加