いぼ痔 出血したとき ボラギノール 市販薬での治し方 

いぼ痔で出血したときのボラギノール等の市販薬での治し方とは?

スポンサーリンク

 いぼ痔による出血には痛みがある場合と痛みがない場合があります。
 これはいぼのできた場所にもよりますが、その進行度も関係してきます。
 いぼ痔による出血で痛みがない場合は放置してしまいがちですが、それでいぼ痔がよくなっていくことはありません。
 出血しているということは炎症を起こしていたり、またいぼが排泄物によって押し出されたりすることで傷がついてしまっているのです。
 いぼ痔による出血は痛みがない場合も放置していてはいけません。
 いぼ痔で出血した際には、炎症を抑えてあげる必要があります。
 外核痔の場合は痛みも伴いますがこれは、炎症によって出血している部分がはれてしまっていたり、傷になっているためにしみるような痛みを引き起こしているのです。

スポンサーリンク

 ボラギノールは炎症を抑える効果もありますし、組織を修復する作用がありますからいぼ痔での出血にも有効的です。
 内核痔で、いぼが肛門の中にある場合には注入型を選びましょう。
 外核痔の場合で、いぼや出血している場所に触れられる場合は、塗り薬を利用して患部にしっかり塗りこんでください。
 内核痔の場合も塗り薬で効果がありそうですが、肛門に液体を挿入すると漏れやすいことや、指では届きにくい場所にいぼがある場合が多いことからしっかり注入型を選ぶべきです。
 炎症をしっかり押さえてくれるので痛みにも効果がありますから、便利です。
 いぼ痔の痛みは座れなくなったりするくらい酷い場合もありますが、そうなる前から利用するのがいいでしょう。

 

次の記事です→いぼ痔で出血したときの症状は?血の塊が出たり、臭いときの意外な対処方法とは!?

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加