脱肛を治す体操は トレーニング

脱肛を治す体操はあるか、トレーニングのコツとは

スポンサーリンク

 脱肛になるのは肛門括約筋が緩いことや、骨盤底筋が鍛えられていないことも原因の一つとされています。
そのため、体操やトレーニングも治療方法として重要です。
脱肛を治す体操はいくつかあります。
肛門括約筋を鍛えるトレーニングはその一つです。
脱肛を治す体操は立位で行うのが基本です。
肛門括約筋を鍛えるトレーニングはとてもシンプルで、息を吐きながら肛門にきゅっと力を入れるというのを繰り返すだけです。
だいたい十秒から十五秒ほどを目安に力を入れてください。
脱肛を治す体操はこれだけではありませんが、この体操は非常に手軽で効果的なので気がついたときにやるとよいでしょう。
家事の合間や、通勤の最中、ちょっとした待ち時間などちょこちょこと行うと効果的です。
脱肛を治す体操は、ほかに骨盤底筋を鍛えるトレーニングもあります。
骨盤底筋を鍛えるトレーニングは肛門括約筋を鍛えるトレーニングとやり方が似ています。
しかし、座位でもよいのがちがう点です。

スポンサーリンク

この脱肛を治す体操は、立位、座位、四つん這いなどの姿勢で行います。
息をはきながら女性では膣のあたりを、男性は肛門とその前のあたりをきゅっとしめるイメージで力をいれます。
このとき、おなかや肩などほかの部分に不要な力を入れないように注意しなければなりません。
骨盤底筋のみに力を入れるようにします。
太股のあたりに空の大きいペットボトルをはさみ、ペットボトルが潰れるような感じで力を入れると効果がわかりやすいです。
これらの脱肛を治す体操は、即効性があるわけではありません。
しかし、体操やトレーニングを続けていると確実に脱肛が改善してくるのがわかるでしょう。
これら脱肛を治す体操は尿漏れにも効果があります。
また、ダイエットや体型直しにも非常に効果的です。
続けることが重要なポイントなので、少しずつでもいいのでなるべく毎日するようにしましょう。
また、骨盤ベルトや骨盤クッションなども生活に取り入れるとさらに効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加