脱肛症状を緩和する運動

脱肛症状を緩和する運動とその注意点などについて

スポンサーリンク

 脱肛とは、腸の粘膜が肛門の外に押し出されることです。
様々な要因が重なって脱肛の症状が現れると、原因に対する治療や根治手術が必要です。
そのような治療を行うと同時に脱肛症状を緩和する運動を行うと、高い治療効果を期待できます。
具体的には、排便などの際に肛門を広げたり縮めたりする肛門括約筋を鍛えることで、毎日のように繰り返される脱肛の痛みや出血を減らすことができます。
女性の場合は脱肛症状を緩和する運動として骨盤底筋を鍛えると効果をはっきり実感することができる。
立った状態で息を吐きながら、約2秒間肛門を締め付けることが脱肛症状を緩和する運動になります。
このような脱肛運動を緩和する運動は約5分行うことが好ましいです。
また、立って家事のをやっているときや通勤中に実践するだでも効果が期待できます。
10〜15秒くらい力を入れ続けて、肛門を引き締めることを5分くらい繰り返すことで脱肛症状を緩和する運動として効果が期待できます。

スポンサーリンク

脱肛症状を緩和する運動を行う際は、あまり息をこめて腹部に力を入れないように気を付けた方が良いです。
骨盤底筋体操は脱肛症状を緩和する運動になり、膣と肛門周辺の筋肉が異常緊張しているのを自分の意志で緩めて速筋や遅筋を鍛えることができます。
速筋は速い速度で収縮して大きな力を瞬発的に発揮する筋肉で、遅筋とは遅い速度で収縮して小さな力を長時間発揮し続けることが可能な持久力に優れた筋肉です。
この場合は肛門括約筋が異常緊張しているのを自分の意志で縮める場合と比べて、腹囲に力を入れやすいです。
しかし、腹部と肩は力まないように楽な状態にするよう意識しなければいけません。
脱肛の根治手術を受けていなくて局部の症状が継続して起こるときは、生活の中であまり重いものを持たないようにしなければいけません。
しかし、重いものを持たないと背筋や脚部の筋肉が弱くなるので、活動量の低下によって便秘になりやすくなります。
脱肛症状を緩和する運動として肛門括約筋を鍛えるだけでなく、腿上げや腰を回すといったストレッチで正常な代謝機能を保つことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加