妊婦 いぼ痔 治し方 産後ぢの戻し方

妊婦さんのいぼ痔の治し方と産後ぢの戻し方

スポンサーリンク

妊婦さんは妊娠中期から妊娠後期になると胎児の成長によって子宮が大きくなり、肛門の周りの血管が圧迫され、血行が悪くなります。
肛門の周りの血行が悪くなると痔の原因になり、妊婦さんはいぼ痔になりやすい傾向があります。
いぼ痔の治し方は、塗り薬や座薬をいぼ痔に塗るという治し方が基本になります。
内服薬を服用するという治し方もありますが、妊婦さんは薬の内服はなるべく控えることが大切ですので、内服薬を服用する際には医師と相談することが必要です。
妊婦さんがいぼ痔になった時には、産婦人科で薬を処方してくれますので、医師が処方してくれる薬を使用するのが最も安全な治し方です。
いぼ痔の状態がひどい場合は、産婦人科で処方してもらった薬が効かない場合があります。
その際にはいぼ痔の治療の専門家の肛門科の病院に通院すると治療効果が高い薬を処方してもらえます。
妊婦さんが肛門科を受診する際には、必ず妊娠中であることを医師に申告しておくことが必要です。
きちんと申告しておくと、妊婦さんが使用しても安全な薬を処方してもらえます。

スポンサーリンク

妊婦さんは出産後もいぼ痔になりやすいですが、産後ぢの治し方も塗り薬や座薬を使用するのが治し方の基本になります。
産後ぢの戻し方のコツはリラックスして肛門を緩め、指でゆっくりと戻すのが産後ぢの戻し方の基本です。
なかなか戻らない時には指で戻す方向を調整して、きちんと戻る部分を探します。
戻る部分は必ずありますので、焦らずにリラックスしてゆっくりと行うことが治し方のコツです。
産後ぢの戻し方の注意点として、いぼ痔に触れる前に手を洗って清潔にしておくことが大切です。
汚れた手でいぼ痔に触れると症状が悪化することがあるので十分に注意します。
この産後ぢの戻し方を実践すると、ほとんどの場合で元通りに戻りますが、自分で戻すことができない場合には、肛門科に通院することが必要です。
肛門科での産後ぢの戻し方は、産後ぢの症状によって産後ぢの戻し方が異なります。
肛門科の医師は患者さんにとって最適な産後ぢの戻し方をしてくれますので、きちんと戻るようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加