脱肛 妊娠中 もどらない

妊娠中の脱肛はもどらないこともあるので要注意

スポンサーリンク

 脱肛とは、文字通り肛門が出てきてしまった状態をさします。
いぼぢの核が出てきてしまうこともありますが、肛門の粘膜が出てきてしまうこともあります。
妊娠中や出産時は特に脱肛になりやすいです。
また、もどらないこともあるので注意しなければなりません。
妊娠中に脱肛になりやすいのは、便秘や下痢などの腸内環境による理由と、ホルモンの関係による理由、胎児に圧迫されるという理由の三つの理由が考えられます。
妊娠中は便秘や下痢などの排便トラブルが起きやすくなります。
便秘だと、排便時に力むことで脱肛しやすくなります。
下痢だと、何回も排便することにより肛門が刺激されでやすくなります。
一度脱肛するとなかなかもどらないこともあります。
また、ホルモンの影響や、胎児により直腸が刺激されるため、肛門に力がはいり露出しやすくなります。
妊娠中は常に直腸に圧がかかっている状態になるので、自力でもどしたり薬でもどしたりしてももどらないようになっていってしまいます。

スポンサーリンク

妊娠中から出てしまった肛門がもどらないようになってしまった場合は、出産時には気をつけなければなりません。
出産時は最も脱肛になりやすいタイミングといえます。
力いっぱい力むので肛門に力が入るためです。
妊娠中からもどらない状態だと、さらに肛門が大きく露出してしまい、本当にもどらないようになってしまうこともあります。
すると、外科的手術が必要となってくることもありうるので、そうならないように対策をする必要があります。
妊娠中から注意すべきなのは、腸内環境を整えて排便時に力を入れなくてすむようにすることと、骨盤底筋を鍛えることです。
これは産後にも役立ちます。
腸内環境を整えて便秘や下痢にならないようにすることで脱肛を防ぎます。
骨盤底筋を鍛えて肛門の締まりをよくすることで、中に入った肛門が外にもどらないようにできます。
脱肛は癖になりやすいので、早めの対策をとっておくのが重要です。
症状が進行してしまったら、医師に相談するのもよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加