脱肛 看護 対策

脱肛を患う人への看護の注意点と肛門の異常への対策について

スポンサーリンク

脱肛は肛門から大腸がはみ出ている状態を指します。
通常は肛門の筋肉で大腸が締め付けられているのではみ出ることはありませんが、疾患や怪我などで筋肉の機能が低下することで脱肛の状態になります。
脱肛は症状が軽いものであれば排便や下半身に力を入れた時だけ大腸がはみ出ますが、症状が悪化すると常に脱肛の状態になるので適切な治療を受けるのが体調を改善させるための対策になります。
特に中高年の患者は加齢による身体機能の低下で筋肉が緩くなりやすいことから、自分でも気づかないうちに脱肛の状態になっているケースがあります。
そのため、肛門の状態を定期的に確認するように心がけることが大切です。
脱肛の症状が進むと排便に悪影響が及び、肛門の周囲が不潔な状態になります。
自力での歩行が困難な高齢者の場合は看護の際に衛生管理に気を配り、はみ出た大腸を肛門の内側に戻すように習慣づけることが症状の悪化を防ぐための効果的な対策になります。

スポンサーリンク

患者への看護は相手の体調を考慮しながら症状の緩和を図り、清潔な状態を保つことが重要なポイントです。
特に脱肛による肛門の汚れはそのまま放置すると重大な疾患に繋がる可能性があるので、こまめに汚れを除去しながらスキンケアを施すのがトラブルを防ぐ対策になります。
また、看護を行う側も肛門の異常についての正しい知識を持ち、不測の事態に見舞われないように対策を取る必要があります。
脱肛の患者の看護は相手の心身の状態を考慮するだけではなく、不潔な状態にならないように衛生管理を徹底することが大切ですが、洗浄や消毒は肌を傷める原因にもなるので注意します。
肌荒れへの対策は市販の保湿剤を使用するのが効果的ですが、個人の体質によっては成分が適さないケースもあるので事前に必ず確認します。
肛門の異常への対策は医療機関での治療の他に、毎日の看護の中で肛門に負担をかけないように気を配ることが重要になります。
市販の看護用の補助具や下着を上手に活用するのが症状の緩和や悪化予防の対策ですが、健やかに暮らすためには看護する側にも負担がかからないように注意します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加